「紅蓮華」「鬼滅の刃」の読み方は?アニメの内容ついても解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LiSA(リサ)が紅白歌合戦で歌う「紅蓮華」の読み方や意味について、またアニメの「鬼滅の刃」の読み方やはどんなアニメなのか気になったので調べてみました。わかりやすくお伝えしたいと思います。




「紅蓮華」と「鬼滅の刃」の読み方は

「紅蓮華」はぐれんげ
「鬼滅の刃」はきめつのやいば
と読みます。

LiSAの曲”紅蓮華”(ぐれんげ)の意味は

LiSAのtwitterによると

紅蓮華(ぐれんげ)とは、蓮の花。
そして紅蓮地獄。の花という意味です。傷だらけになっても咲き誇れ。
アニメPVで新曲も少しお楽しみいただけますっ。
 
TVアニメ「鬼滅の刃」
「紅蓮華」
作詞:LiSA 作曲:草野華余子 編曲:江口 亮
4/6 23:30放送開始

LiSAのtwitterより

とありました。

紅蓮華とは紅蓮地獄に咲く花とのこと。

紅蓮地獄とは

「紅蓮地獄」とは本来、仏教における八寒地獄のひとつで、第7層にあるとされています。あまりの寒さに皮膚が破れて紅色の蓮花が咲いたように血が噴き出す地獄のこと。

なるほど紅蓮地獄に咲く花、紅蓮華(紅い蓮の花)は鬼と戦う大正時代の物語「鬼滅の刃」にはマッチしているのではないでしょうか。

「紅蓮華」は「鬼滅の刃」のアニメTV、映画の主題歌であり、LiSAが歌っているということでした。

TVアニメ「鬼滅の刃」のオープニングテーマ(主題歌)が「紅蓮華」ということになりますね。

「鬼滅の刃」、「紅蓮華」とも私のように知らない人には読みにくくてとっつきにくい言葉です。

「鬼滅の刃」(きめつのやいば)とは

週刊少年ジャンプ連載の大人気漫画「鬼滅の刃」(きめつのやいば)が2019年4月6日(土)よりアニメ放送開始となりました。

週刊少年ジャンプにて連載され大好評の吾峠呼世晴による漫画作品です。

2016年WJ11号より連載が開始されました。

人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、

時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、

単行本1巻~18巻で累計発行部数がなんと2500万部を突破しました。

今なお注目を集め異彩を放つ本作品は独自の世界観を構築し続け、

新たな少年漫画の金字塔として存在感しています。

大正時代の日本で、炭を売る心優しい炭治郎はある日、鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
そして唯一生き残った妹は鬼に変豹してしまう。
絶望的になった炭治郎は妹を人間に戻し、鬼を退治しに「鬼狩り」の道へ行く決意をするのです。
人と鬼が織りなす哀しき兄妹の物語です。

アニメの「鬼滅の刃」とは、文字通り鬼を 滅ぼすための刃のことだったのですね。

まとめ

「紅蓮華」について、どういう意味なのか、またアニメの「鬼滅の刃」はどんなアニメなのかについてお知らせしてきました。LiSA(リサ)が唄う「紅蓮華」の意味について少しでも理解が深まれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク