台風6号が関東へ直撃?週末の天気と雨風の影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東地方は梅雨があけて急に暑くなってきましたね。太平洋で熱帯低気圧から台風に変わった第6号は27日7時頃三重県南部に上陸し関東に接近しています。関東地方へ影響はどの程度あるのでしょうか。

台風第6号

7月27日 6時現在

熊野市付近

北緯33.9゜東経136.3゜ 北北東 20 km/h

 中心気圧 1000 hPa

 最大風速 18 m/s

 最大瞬間風速 25 m/s

 強風半径(15m/s以上) 東側 390 km 西側 220 km

台風の接近に伴い、関東甲信地方では28日夕方にかけて激しい雨が降り、大雨となるでしょう。低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水、高波に注意・警戒し、強風、落雷、竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意しましょう。

関東への影響について

気象庁によると、東日本全域に大雨洪水注意報が出ています。竜巻などの激しい突風や急な強い雨、落雷に注意してください。気象庁によると、東日本全域に大雨洪水注意報が出ています。竜巻などの激しい突風や急な強い雨、落雷に注意してください。

  • 28日6時までの24時間(多い所):甲信地方120ミリ、関東甲信地方で80ミリ
  • 29日6時までの24時間(同上):関東地方500〜100ミリ、甲信地方およそ50ミリ

台風は27日の夜には熱帯低気圧に変わりますが、引き続き大雨や強風、高波などの激しい現象が発生するおそれがあります。大雨や強風、高波などに関する警報や注意報、気象情報など最新の情報に留意しましょう。

天気・湿度・風速

27日(土)は概ね曇り、降水確率10%~40%

雨はほとんど降らず1日中曇りの様子です。

気温は26度から31度で、湿度は70%から80%です。風速は5m/s~8m/sで風は強いでしょう。

28日(日)は朝7時までに雨が降りますが、その後は降水確率は20%から10%となり曇りとなります。

風速は5m/s~2m/sで夕方には柔弱くなってきます。

航空便への影響は

航空便への影響は今のところ出ていません。

7月27日は北海道・中部・東海・近畿地方の一部の地域で影響が出る恐れがあります。

まとめ

台風6号の関東地方への影響は部分的な大雨と強風が予想されます。27日から28日の午前中にかけて風が強い傾向にあるでしょう。熱帯低気圧となり台風ほどの強さはありませんが、雨と風に対しては注意したほうが良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク