豊田剛一郎の父の経歴がすごい!経歴や家族について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田剛一郎さんは小川彩佳アナの結婚相手として注目されています。高学歴で起業家として働く超エリートな人ですが、剛一郎のお父さんの経歴もすごいです。どのようにすごいのか分かったことをお知らせしましょう。

豊田剛一郎の経歴

現在35歳の剛一郎氏

東大医学部を卒業

脳外科医として都内の病院で勤務

アメリカに留学して米国医師免許を取得

帰国後、大手コンサルティング会社マッキンゼーに転職

2015年に株式会社メドレーの代表取締役医師に就任

2019年7月に小川彩佳アナと入籍

「医師として働くうちに、非効率的で疲弊している医療現場の現状を知り、強い危機感を覚えた。持続可能な仕組みに変わらないと、日本の医療は崩壊してしまう」

という思いがあり現職に就いた剛一郎さん、医師たちが作っているオンライン医療辞典「MEDLEY」やオンライン医療システム「CLINICS」などを提供しています。

現在は彩佳さんと新婚生活を楽しんでいます。

豊田剛一郎さんの父、豊田潤多郎さんの経歴

名前  豊田潤多郎
生年月日  1949年8月22日
年齢  69歳
出身 京都府京都市 
学歴

京都市衣笠小学校卒業

灘中卒業

灘高校卒業

東大法学部卒業

1972年 大蔵省入省 大蔵大臣官房企画官 
1993年

衆議院議員初当選

2006年

医療法人淳宰晃会の理事長に就任

2009年 衆議院議員2回目の当選 

 

学歴が超エリートですね。難関の灘高校を卒業し、東大法学部に入学、卒業後は大蔵省に入りました。

その後は政治家へ転身し、自由党から衆議院議員へ立候補して2回の当選を経ています。

党の名前は変わっていますが、小沢一郎と行動を共にして歩んできています。

  • 2011年 新党きづな
  • 2012年 国民の生活が第一
  • 2012年 日本未来の党
  • 2016年 自由党

現在は自由党の京都府第4区総支部長の他、医療法人の理事長も務めています。

政治家にもなって活躍しているすごい人でした。

家族構成

妻の母、妻、2女1男

まとめ

豊田剛一郎さんの父、豊田潤多郎さんの経歴についてまとめてみました。

小川彩佳アナの結婚相手、豊田剛一郎さんの経歴がすごいとニュースになっていますが、そのお父さんも経歴がすごかったですね。親の血を引いて活躍している様子が良くわかりました。豊田夫妻にはこれからも応援していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク