さえぼーがハマったウィキペディアの世界とは?経歴、代表作、wikiの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィキペディアンとは、ウィキペディアの記事を作成、編集する執筆者および編集者のことです。マツコの知らない世界でウィキペディアの紹介をしてくれたのは北村紗衣こと「さえぼー」でした。さえぼーさんの経歴やさえぼーさんがはまっているウィキペディアの世界についてご紹介します。

さえぼーの経歴

  • 名前 北村紗衣(きたむら さい)
  • 年齢 36歳
  • 出身 北海道士別市
  • 職業 武蔵大学人文学部 准教授
  • 趣味 映画、音楽、ピアノ、読書、編み物
  • 2006年 東京大学教養学部 卒業
  • 2008年 東京大学大学院で修士課程修了
  • 2009年イギリスへ留学しウィキペディアに出会う

さえぼーの代表作

ウィキペディアの世界

ウィキペディアは世界中の誰でも書き込むことができ、それをまた誰かが修正することで知識を補いながら作り上げていくWEB上の百科事典なんです。

現在、全世界で304の言語のウィキペディアがあり、日本のアクセス数はアメリカの月間30億に次いで月間10億のアクセスがあり2位となっています。

日本語版の記事数は、現在116万本以上、平均すると毎日100以上の新しい記事が作られているそうです。

さえぼーさんは記事を新しく書いたり、誰かが書いた記事を訂正したりして、約300本もの記事を書いているんです。

そのようなウィキペディアンとオフ会をしたりして、ウィキペディアの世界にどっぷりはまっていく人も多いようです。

まとめ

さえぼーさんは、東大出身の大学准教授だったんですね。Wikipediaの魅力にはまり、次々と執筆、編集していくウィキペディアンの一人。ボランティアで行っているこの作業は好きでないと続きません。今後のさえぼーさんを応援して、ウィキペディアをますます役に立つ百科事典にしてもらいたいです。

ウィキペディアの楽しい便利な使い方はこちらの記事をご覧ください
マツコもビックリ!ウィキペディアの楽しい便利なオススメ活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク