GSOMIAを破棄した韓国!これからどうなる?アメリカの反応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国は8月22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を更新しないことを決めました。このGSOMIA(ジーソミア)を破棄することはどういうことなのか、これからどうなるのか、またアメリカの反応についてお知らせします。

GSOMIA(ジーソミア)とは

GSOMIA(ジーソミア)とは「軍事情報包括保護協定」のことで、防衛についての秘密の情報を、国同士で教え合うための取り決めのことです。

同じ外国の脅威を抱える国々で情報交換をすれば、お互いの国の防衛に役立ちます。

安心して情報を渡せる環境を作るため、勝手に別の国に情報を漏らさないようにしたり、情報を見られる人を限ったりするなどの取り決めをしています。

日韓双方に有益な協定とされていました。

日韓GSOMIA(ジーソミア)を破棄するとどうなるのか

日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄は、安全保障上の協力の大前提となっていた信頼関係が崩れたということです。日本と韓国の関係がさらに悪くなるだけでなく、アジアの安全保障環境をも悪化させかねない深刻な状況になってくるでしょう。

アメリカと日本と韓国は独自の機密情報を互いに融通しながら、北朝鮮・中国・ロシアなどが軍事活動を活発化させている脅威に対抗していこうという連携強化、共同歩調が取りにくくなったことを意味しています。

さらに日米韓の足並みの乱れを中国・ロシア・北朝鮮は歓迎し、日米韓関係をさらに崩そうと攻勢に出てくる可能性が高くなります。

アメリカの反応について

  • アメリカのトランプ政権はGSOMIAの破棄の決定に対し、「強い懸念と失望」を表明しています。
  • 国防総省も「強い懸念と失望」を表明し、「日韓は他の分野での摩擦があっても、相互の防衛と安全保障関係では一体性を維持すべき」と協定の必要性を強調しています。
  • ポンペオ国務長官も「我々は韓国の決定に失望している。双方に対し関係をあるべき姿に戻すことを望む」と同じくGSOMIAの破棄に失望しています。また、日韓の協力関係が「北朝鮮対応だけでなく、我々が世界で行う取り組みにとって重要なものだ」と強調しています。
  • 一方、アメリカメディアからは「アメリカの助言を聞こうという韓国の意欲が弱まっているのかもしれない」と見方も出ています。

まとめ

今回の韓国が決めたGSOMIAの破棄は、世界中の話題となっており、今後の進展が懸念されています。安全で平和な暮らしができるように結んだ協定が継続されないのは残念ですが、これからの安全保障に対する取り組みを考えていかなければなりませんよね。各国の情勢や動向について常に関心を持つ必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク